忍者ブログ

RehaPockke

リハビリテーション関連職種の方とって、日々の臨床業務や研究などの傍に活用できるPocketポケットのような、サイトをつくっていきたいと思います。 リハビリ関連書籍のレビュー.blog や OT本の書評ブログ | リハブクブログをご利用していただいている方も、コンテンツ作成状況に応じて、ご活用していただけると幸いです。

レビュー3.脳神経系:高次脳機能障がい関連 #2 | リハビリ関連英語文献・論文レビュー講座

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

レビュー3.脳神経系:高次脳機能障がい関連 #2 | リハビリ関連英語文献・論文レビュー講座





[ リハビリ関連英語文献・論文レビュー講座 ]

リハビリ関連英語文献・論文レビュー講座






[ 脳神経系:高次脳機能障がい・認知リハビリ関連英語文献・論文:#2 ]


1.論文名
 :"Studying injured minds"
   - the Vietnam head injury study
   and 40 years of brain injury research.


2.雑誌名・論文発表年
 :Front. Neurol.(frontiers in Neurology)
  March 28:2011年



3.アブストラクトの閲覧
 :無料で可能

  * 2015年7月12日に
    PubMed.govで検索時には
    無料で閲覧可能でした。


4.全文のダウンロード・PDF閲覧
 :無料で全文PDFの取得可能

  * 2015年7月12日に
    PubMed.govで検索時には
    無料で全文PDF取得は可能でした。


5.コメント
 
現在、急性期病院で、
高次脳機能障がい関連領域で
臨床をされている、
作業療法士(OT)や言語聴覚士(ST)などの
新人のセラピストの中には、


後天的脳損傷後の

 高次脳機能障がいの長期的な経過



について、
知りたいと考えている方もいるのではないでしょうか?



以前は、
急性期病院でも、
場合によっては、数ヶ月間はリハビリで関わる機会も
あったのではないかと思いますが、
現在の急性期病院では、
すぐに回復期病院などに転院をされてしまうことも
多くなり、
1人の方に対しての、
高次脳機能障がいをはじめとした
症状などの経過を知る機会は少なくなってきているのでは
ないかと思います。


数十年スパンの期間での、
高次脳機能障がいの症状の変化をまとめているような
論文を探そうと思っても、
自分で見つけることが難しいため、
数週間程度の、短期間の症状の変化を追っている
リハビリ関連の論文を
読んで勉強しつつ、
高次脳機能障がい・認知リハビリテーション領域の
臨床経験の長い先輩などに、
長期的な経過などについて学ぶのが、
一般的ではないかと思います。



今回、取り上げさせていただいた論文では、
ベトナム戦争で、
外傷性脳損傷を受傷された方を
対象として、
その後の「40年以上の経過」が
まとめられています。



脳損傷後の
長期的な経過について知りたい方にとっては
参考になるのではないかと思います。



英語論文を読むのが苦手な方は、

Table 1 | Five key findinfs of the VHIS
 
  * PDF形式の論文の「10ページ目」

を読むだけでも、
何かしらの参考になるのではないかと思います。


さらに長期経過などについて知りたい場合は、
論文内で、引用されている関連論文を
調べることで、
多くのことを学べるのではないかと思います。


このような貴重な論文が、
現在は、インターネットを利用することで
無料で取得することができるので、
脳損傷後の高次脳機能障がいなどに関心の
ある方にとっては、
ありがたいのではないかと思います。

脳損傷後の高次脳機能障がいなど
長期経過などに関心のある方がいましたら、
原文の英文献にも一度、
目を通してみてください。




論文名
:"Studying injured minds"
   - the Vietnam head injury study
   and 40 years of brain injury research.


雑誌名・論文発表年
:Front. Neurol.(frontiers in Neurology)
 March 28:2011年











また、現在、
書籍(本)として刊行されている、
長期間の経過などについて、
垣間見ることのできる高次脳機能障がいに関連する書籍
としては、

海外の事例では、


奇跡の脳―脳科学者の脳が壊れたとき (新潮文庫)



▶︎ Amazonで詳しくみてみる
▶︎ 楽天で詳しくみてみる
▶︎ Yahoo!ショッピングで詳しくみてみる

 奇跡の脳 脳科学者の脳が壊れたとき/ジル・ボルト・テイラー/竹内薫








日本の事例では、

トラウマティック・ブレイン―高次脳機能障害と生きる奇跡の医師の物語



▶︎ Amazonで詳しくみてみる


▶︎ 楽天で詳しくみてみる
▶︎ Yahoo!ショッピングで詳しくみてみる

 トラウマティック・ブレイン 高次脳機能障害と生きる奇跡の医師の物語/橘とも子





などの書籍が、
高次脳機能障がいなどの長期経過に関して、
考察する場合に、
なにかしらの
参考になるのではないかと思います。




トラウマティック・ブレイン
 :高次脳機能障害と生きる奇跡の医師の物語


の書籍に関しては、

リハビリ関連書籍のレビュー.blog のサイトの


▶︎ Review5. トラウマティック・ブレイン


で書評をしておきましたので、
関心のある方がいましたら参照ください。





その他にも、


▶︎ リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ


のコンテンツでは、
現在刊行されている、
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医師をはじめとした
リハビリ従事者に関連しそうな、
医学や科学などの英語雑誌の情報も
まとめておきましたので、
英語雑誌・文献探しをはじめる
きかっけなどにご活用ください。














[ スポンサードリンク ]




      by RehaPockke | リハビリ関連書籍のレビュー.blog ✖️ リハブクブログ








▶︎ このサイトについて・免責事項など


▶︎ サイトマップ


▶︎ プライバシーポリシー


▶︎ リハビリ関連英語文献・論文レビュー講座(一覧)


▶︎ 認知課題・机上課題関連


▶︎ リアリティオリエンテーション・回想法など 関連本・書籍 特集


▶︎ 高次脳機能障がい・認知リハビリ関連本・書籍 特集

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。



スポンサードリンク

プロフィール

RehaPockke | リハポッケ

HN:
RehaPockke:リハポッケ
性別:
非公開

リハビリテーション関連職種の方とって、日々の臨床業務や研究などの傍に活用できるPocketポケットのような、サイトをつくっていきたいと思います。

忍者カウンター



いつもご利用ありがとうございます。
おかげさまでこのサイトも、気がつけば累計数万PVのサイトに成長しました。



このサイトの運営者は、その他にも理学療法士・作業療法士・言語聴覚士向けの情報サイト

PT・OT・STニュース.blog | 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士向け情報サイト

PT・OT・STニュース.blog へ

も運営していますので、日々のリハビリ業界の情報収集などにご活用くださいね。
日々の臨床をこなしていると、ゆっくりリハビリ業界関連のニュースの情報を集めている時間は取れませんよね。

上記のサイトでは、運営者なりに、リハビリ・医学・行政関連の情報をピックアップして、まとめています。リハビリ専門家の情報収集のお役に立てることがありましたら幸いです。

バーコード